仮想通貨

ブロックチェーンは引っ越しの荷造りだ!初心者にもわかりやすく解説

暗号資産(仮想通貨)について触れていくと、必ず目にするワードの1つにブロックチェーンがあります。

 

これからの社会基盤を作る革新的な新技術とも言われているので理解しておきたいものですよね。

 

とはいえブロックチェーン…。

 

調べてみたけど専門的な用語の連続でよくわからなかったな

仕組みを知りたいけど難しそう

暗号資産の取引を始めたから少しは理解しておきたいな

 

などの悩みを持つ方が簡単に解決できる記事になっています。

 

なぜなら、予備知識ゼロの初心者でも理解できるように引っ越しに例えて分かりやすく解説されているからです。

 

引っ越しなら経験したことのある方も多いし、イメージがしやすいですよね。

 

それでは難しく考えずに理解していきましょう。

 

1.ブロックチェーンの基礎知識

 

2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物がインターネット上に投稿した論文により生み出された世界初の仮想通貨がビットコインです。

 

ブロックチェーン技術はビットコインのシステムとして構築されました。

 

ブロックチェーンの定義にはいろいろな解釈がありますが、誤解を恐れずに簡単にいってしまうと

 

  • 同じ取引データを複数の参加者※(ノード)が同時に保持している。
  • 参加者のうちの誰かが不正(ビザンチン障害)を働き、データの改ざんを試みても他の参加者が保持するデータと異なるため認められない。
  • データ改ざんは非常に困難。
  • ある参加者のシステムが停止してもその他の参加者のシステムは動き続けているため、システムすべてが停止することがない。

 

※ノードとは取引を行うパソコンやスマホなど総称ですが、ここでは参加者と表記しています。

 

これはよく参照されている、日本ブロックチェーン協会が2016年に発表した下記の定義を簡単に言い換えたものです。

 

 

参考

定義①

ビザンチン障害を含む不特定多数のノードを用い、時間の経過とともにその時点の合意が覆る確率が0へ収束するプロトコル、またはその実装をブロックチェーンと呼ぶ。

定義②

電子署名とハッシュポインタを使用し改竄検出が容易なデータ構造を持ち、且つ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性等を実現する技術を広義のブロックチェーンと呼ぶ。

 

 

もはや定義が暗号化されているじゃないか!と思うくらい難しいですよね…。

 

ここでは難しい考えは排除して、ブロックチェーンがどのような仕組みなのか引っ越しに置き換えてみましょう。

 

2.ブロックチェーンは引っ越しの荷造のような仕組み

 

実はブロックチェーンの仕組みを、引っ越しに例えると分かりやすいです。

 

引っ越しの際、食器や洋服などをバラバラのまま運ぶ人はいませんよね?

 

まず段ボール箱や専用の箱などに梱包します。

 

箱の中に食器や洋服などをきれいにまとめて一定量が溜まったらガムテープなどで封をします

 

引っ越し業者に依頼したなら箱に梱包する際に何を入れたかをスタッフと依頼したあなたで確認します。

 

さらに梱包した物の数量などをリストに記録してお互いに持っておくと後で確認できて安心ですよね。

 

梱包が終わった箱から順番に並べてトラックに積み込みます。

 

実はブロックチェーンの仕組みってこんな感じです。

 

では引っ越しの例を実際のシステムに当てはめて解説していきます。

 

 

3.ブロックチェーンを支える4つのシステム

 

ブロックチェーンは様々な技術に支えられて高い信用を生み出しています。

 

主な4つのシステムを見ていきましょう。

 

4つのシステム

  • 暗号化技術 → 詰めて並べる
  • コンセンサスアルゴリズム → みんなで確認
  • DLT(分散型台帳技術) → 記録をみんなで持つ
  • P2P(ピア トゥ ピア) → あなたと私で

暗号化技術

引っ越しでは箱につめて梱包して順番にならべる作業にあたります。

 

ある特定の取引データを暗号化して一定時間ごとにブロックに格納します。

 

そのブロックはひとつ前に生成されたブロックの後ろに並べられでチェーン状に繋がれます。

 

新しく生成されたブロックの中には、一つ前のブロックの情報も含まれています。

 

こうしてブロックはどんどん生成されチェーン状に前のブロックに繋がれていきます。

 

ブロックチェーンの名前の由来はここからきています。

 

 

コンセンサスアルゴリズム

 

コンセンサスアルゴリズムは直訳すると「合意方法」です。

 

どのようにしてお互いのデータが正しいのかを担保するためのルールのようなもので、複数の方法が存在します。

 

ここではビットコインに採用されているコンセンサスアルゴリズムPoW(Proof of Work)を例にとって解説していきます。

 

PoWではもっとも電力を消費し、1番早く取引データをまとめ上げた参加者にブロックを生成する権利が与えられます。

 

Workという言葉の通り事量で正当性を担保される仕組みになっています。

 

引っ越しで例えると

 

誰よりも早く正確な数量のグラスをきれいに箱に梱包したかが重要になってきます。

 

引っ越しを依頼したあなたと、業者スタッフみんなで箱の中身を確認し、グラスを5つ梱包した事実に間違いはありませんと合意することで箱の梱包は成立します。

 

このように公正な取引を保つために、たとえ不正があったとしても複数の参加者が同じデータをお互いに確認保持することで、矛盾なく合意を得ることができる仕組みになっています。

 

DLT(分散型台帳技術)

参加者同士で確認しあった同じ記録データをみんなで保持しようというものです。

 

引っ越しで例えると

「5つのグラスが梱包された箱が1つ」と記入した「引越し荷物リスト」を引っ越しスタッフ全員と依頼したあなたそれぞれが同じリストを持っておきます。

 

仮にその箱を運ぶ際にスタッフの誰かが誤ってグラスを1つ破損してしまったとします。

 

それを隠蔽するために破損したグラスを取り除き、「引越し荷物リスト」の記録内容を「4つのグラスが梱包された箱が1つ」と書き換えました。

 

ところが他のみんなが持っている「引っ越し荷物リスト」の内容と異なります。

 

あなたのリストは元々間違っていた、もしくは改ざんされたのだと矛盾や不正を簡単に発見できます。

 

このように複数の参加者が同じデータを共有することにより台帳の信頼性を向上させます。

 

 

P2P(Peer To Peer)

メインコンピューターや管理者を通さずに直接データのやり取りが出来る通信システムです。

 

SNSアプリのLINEでもこのシステムが使われています。

 

IDなどのアカウント情報はLINEのサーバーで管理されていますが、画像や動画を共有する際にはユーザー同士で直接やり取りができます。

 

引っ越しで例えると、業者のリーダーを通さなくてもスタッフ同士や依頼主に直接「引っ越し荷物リスト」を手渡しできるということです。

 

このシステムを使うことで参加者はデータの記録を読み出すことや分散して保持することができます。

 

4.まとめ

ポイント

  • 暗号化技術でデータを詰めて並べる
  • コンセンサスアルゴリズムに従ってみんなで確認し、公正さを保つ
  • DLT(分散型台帳技術)で取引記録をみんなで保持して不正や改ざんを防ぐ
  • P2Pにより管理者を通さずに直接データのやり取りができ、分散保持することでシステムダウンが起こりにくい

 

これらの素晴らしいシステムの組み合わせによりブロックチェーン技術は高い信用と汎用性を備えているといえます。

 

今後の社会にどれほどの革新をもたらせていくのか楽しみですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

-仮想通貨
-, , , , , , , , ,

© 2021 Chowブログ Powered by AFFINGER5